Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

世の中の "当たり前" を確認する

Git のローカルリポジトリを更新して Homebrew を最新に

Vimタグ機能を使おうと思って、ctags を Homebrew でインストールしようとすると次のエラーが出た。

$ brew install ctags
/usr/local/bin/brew: /usr/local/Library/brew.rb: /System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/bin/ruby: bad interpreter: No such file or directory
/usr/local/bin/brew: line 21: /usr/local/Library/brew.rb: Undefined error: 0

homebrewユーザーがYosemiteにアプグレしたらbrewコマンドが使えなくなった問題解決法 - 現代版徒然草 (生まれてきたら負け)」という記事を見つけたので、brew.rb ファイルを編集して手動で解決する方法は分かった。

ただ、この記事に付けられていたはてブのコメントを見て Homebrew のリポジトリで既にこの修正が取り込まれているのが分かったので、自分のローカルリポジトリを Git を使って最新にすることで対処してみることにした。

/usr/local/bin に移動して、その後ローカルリポジトリの更新をする。これだけした。

$ cd /usr/local/bin
$ git pull origin master
  ...

上記を行った後、brew update を試してみるとちゃんと動いてくれたのでホッとした。

brew upgradebrew install ctags もちゃんとできたので多分これで大丈夫だろう。

参考

2つめの記事に関しては、Homebrew の仕組みがちゃんとわかってないのでこういうときは毎回お世話になってる気がする。


今回の問題は MacYosemite にアップデートする前、Homebrew を最新の状態に保っていなかったために起こったようだ。

自分が使ってるツールはこまめに点検しよう。