Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

世の中の "当たり前" を確認する

RAKU SPA で遊ぶ

昨日「RAKU SPA」という施設に行ってきた。

この施設の特徴は、公式ページのブランドコンセプトに上手くまとめられていたので、それを引用しておく。

店舗の特徴といたしましては、広々とした館内に14種類のお風呂とサウナ、6種類の岩盤浴、世界のビールを取り揃えたBAR、自家製の細うどん等々、多くの 『遊べる』要素を盛り込んだ、小さなお子様から高齢者まで幅広い世代の方にお楽しみいただける施設です。

まさにこの言葉の通りだと思う。漫画は2万冊以上揃えられているし、太鼓の達人やスロットゲームなどもある。レジャーの類は充実している。

一日中遊べる、楽しめる施設だと思う。

ただ、その分気を落ち着けてくつろげるスペースは、おふろの王様宮前平の湯けむりの庄よりも少ないように感じた。

まず、らくスパにはイベント時間というのがあるのだけど、これは二階のレストラン内で音楽に合わせて急に店員さんたちが踊りだす。外から見物している人にとってはキレのあるダンスを見れて楽しめると思うけど、席で食事中の人にとってはどうなんだろうか。僕ならちょっとうるさいと感じてしまいそうだ。

あと、お風呂にテレビが設置されてたけど、これも僕はちょっと嫌だった。湯船にはゆっくり浸かっていたい。

まぁ今回ここで書いたようなことは、個人的な意見の偏りがあるのであまり参考にならないかもしれない。

岩盤浴が基本料金に含まれているのは良かったし、やっぱり漫画がたくさんあると嬉しい。それに階段に階段昇段機が設置してあったり、自販機の最上段のメニューを車椅子の方や子供にも手がとどくように下にも設置していたのは、より多くの人にとって嬉しいことだと思う。

最後の支払いは基本料金と飲料水代(3本くらい)で 2000円ちょっとだったので、半日過ごせば満喫以上の楽しみは得られるんじゃないだろうか。


記事を書く途中にこのブログで見つけたけど、「竜泉寺の湯」というのもいずれ機会があれば行ってみたい。