Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

世の中の "当たり前" を確認する

お古を売る

5000円で買った服は500円にもならないし、500円で買った本は50円にもならない。

古着屋・古本屋に物を売りに行くときは、捨てるつもりくらいの気持ちで持って行くのが良いのかもしれない。

いらなくなった物の処分に同じ手間を掛けるのであれば、結果的に数十円でも手元に入ってくるのは儲け物ではないだろうか。

両の耳から「オークションに出せば良い。現代なら手間も少なく高く売れて言うことなし!」という声が聞こえるが、それはやはり面倒なのだ。

格好良い感じで服をハンガーに吊るし、ナイスなアングルから写真を一枚撮るというのも、なんだか気恥ずかしい。誰にも見られてはいなくとも、だ。

やはり近くの店に持って行くのが一番であろう。