Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

世の中の "当たり前" を確認する

種が芽を出し、そして花を咲かせる

土を耕し種を植え、毎日かかさずに水をやることで種は芽を出し幾月かを経て花を咲かせます。

僕はブログを書いていますが、これはデザインや開発の種にあたると思っています。この種はほとんどが文章や言葉なので、実際のデザインやコードなどの制作物として目に見える形にはなっていません。この種から制作物という芽を出すために、できるだけブログに自分の考えやどこかで知った方法論を書き残しています。

種から芽を出すのも難しいですが、本当に難しいのは一度出た芽を成長させることだと思います。土から芽が出ても水をやり続けなければ枯れてしまいます。そして、枯らさないようにしながら綺麗な花を咲かせるための努力もをしないと立派な花は咲きません。ただ製作を行っていれば良いというわけではなく、制作したものの質を上げる努力もしていかないといけません。

なかなか咲かない花のために辛抱し続けるのはつらいですが、続けていれば自分で納得できるもの、人に感動してもらうものがいつかできると思います。


日本には「石の上にも三年」ということわざがありますが、今回の話は大体そういうことです。