Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

Web Designer の頭から飛び出たアイデアの記録

マンガボックスは話が連続して読みやすい

Design

マンガボックスインディースを昨日から読み始めています。
この記事で紹介したサイトの漫画も相変わらず読んでいるので、Web上で無料で読めるマンガが本当に多くなってきたなと思います。

ところで、こういったブラウザを使って読む漫画は1話読んだ後、最後のページの下(もしくは左)に次の話に進むリンクが置いてあることが多いんですよね。

f:id:thleap:20140810181709p:plain

f:id:thleap:20140810181718p:plain

でも、マンガボックスの場合はひと味違います。最後のページを読み終わると、一旦話のリストに戻るようになっています。そして、第1話を読み終わった後は第2話、第2話を読み終わった後は第3話と、次の話が自動的に選択されているんですね。

f:id:thleap:20140810181732p:plain

これの何が良いかというと、方向キー(矢印キー)でページめくりをしているときに、話をまたぐタイミングでマウスを使って操作する必要が無く、Enterで次の話に進めるところが良いと思うのです。
マウス移動くらい文句言わずにしろよ... と思われるかもしれませんが、縦読みでも横読みでもマウスカーソルが漫画の内容を邪魔しないように、ページの上に被らない位置にカーソルを置いていること(ウィンドウの端とか)がほとんです。このようなときに本来ページが続く場所、下とか左に前後の話に移動するリンクがあったら必ずカーソルの移動が大きくなります。これが億劫なんですよね... 。

これは本当に細かいことかもしれません。ただ、僕は普段読まないようなジャンルの漫画を昨日一気に読みきってしまったのは、この記事で書いたような漫画を読み進める上での気楽さも要因の一つだと思っています。