Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

Web Designer の頭から飛び出たアイデアの記録

文体の変更

記事文章の様式としての文体を変更しようと思います。

文章の書き方を、「だ・である調」の普通体(常体)から「です・ます調」の丁寧体(敬体)に変えます。
元々どちらかに決めて文章を書いていたわけではありませんが、最近記事を書いていると一人で偉そうに語っているような感じがしてきたので。

普通体は相手を意識しないかのような文体であるため独語体と称し、丁寧体は相手を意識する文体であるため対話体と称することもある

普通体・丁寧体(「日本語」のページ内の項目) - Wikipedia

まさにここに書かれている「相手を意識しないかのような文体」のことですね。

報告を終わります。