Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

世の中の "当たり前" を確認する

git gsub を使うまで

これをインストールして使うと、リポジトリ内の foobar に簡単に置換できるようになります。
今回、僕は defult という恥ずかしいタイピングミスが発覚したので、それを修正するために使おうと思いました。

やるぞ

まずはInstallation に書いてある通りにやってみました。

$ gem install git-gsub

git gsub defult default (タターンッ!)」... 置換されません。
あれあれ. しました。

その後、gem で何かをインストールしたら rbenv rehash をするというお約束を忘れいてたのに気づき、これを行いました。

$ rbenv rehash 

「(タタタタターンッ!)」... これでもダメなようでした。defult という憎き文字は残ったままです。

最終的に「ここgsed コマンドを使うからこれを入れとかないと動かないよ」というクールな指摘を受けたので gnu-sed をインストールしました。

$ brew install gnu-sed

この後 git gsub defult default でうまいこといきました。
実はこの数日前に似たような修正を手作業で行ったのですが、それはとても面倒くさいものでした。こんなに便利なのがあるのなら、多少導入に時間かかっても早めに使うほうがお得だと思いました。