Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

Web Designer の頭から飛び出たアイデアの記録

いろいろ指定して画像探すのは便利

Misc

Google Images で画像探すとき

検索ワード(ここでは”ジャンプ”)入れて、検索ボックス下の Search Tools 押す。そうすると、タブが下に展開されるから Size を選択肢、Exactly 選択する。

f:id:thleap:20130712110718p:plain

次に px 単位でサイズを指定(ここでは 300 × 250 )する。

f:id:thleap:20130712111140p:plain

そうするとジャンプの 300 × 250 のバナーがでてくる。

f:id:thleap:20130712110935p:plain

他社のバナーデザインとかを探すときに便利。

PIXTA で画像探すとき

左サイドバーの絞り込み検索で、国内・海外指定とか、横・縦位置指定とかできて便利。個人的には人物の有無指定ができるのが一番便利。

ここでのキーワードは”家族”にして、絞り込み条件は国内素材、横位置、人物あり、人数指定3人にする。

f:id:thleap:20130712111654p:plain

結果。

f:id:thleap:20130712111711p:plain

あとは人物の顔の向きまで指定できたらとても使いやすい。

最後

キーワードを複数使って検索するよりも、条件で絞り込んだほうが良い。
すべてをガーーーっと見ると時間がかかってしょうがないので、目的の物をもっと上手く探すことが出来たらと思う。

一度ブログに書いたかも.. という気もするけど、あまり気にしないように。