Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

CHROMA

Web Designer の頭から飛び出たアイデアの記録

撮った写真いらなくね?

写真を撮る。それをシェアするアプリとか流行ってるけど撮った写真はどうしてるのか。いまカメラアプリがクソほどStoreに上がってきてるのでアプリを使って写真を撮る人は多いと思う。
でも、保存した写真の用途は何か?元々写真を撮ることに興味・習慣がない人もアプリがランキングの上位にきていたことでひとまず落として使ってる人が多いと思う。

そんな人の中にはアルバムを開いて見ることも少ないと思うし、特に仕事場や家の近くの飲食店の料理なんか(日常的でアングルによっては料理単一取っているために思い出としての価値も低そう)の写真を撮ってる人は多いけどそれをいつ見返しているのか?(無理して見返す必要はないと思うよ。)

iPhone,iPadの容量が最大になった時、まず削除に向かうのはそういった写真ではないのか?
写真を撮って、映像を撮って、音を拾って、サービスにシェアした後、*容量制限のために削除する. 見返すことも無く忘れる. くらいならもっと楽しいことに繋げられたらいいのに。
かっちょいい・かわいいプロフ写真を撮るため、気に入らない写真を量産してしまったときにそのゴミを使って次の楽しみを作れたらいいのに。

感情というか、一般の人の考えとはズレてる気もするけど
この前ipod touchの容量がいっぱいになって1年間くらいで撮った写真と動画を「あぁ、コンナコトモアッタネー。ナツカシー。でも、どっかにデータ置いてもどうせ見ないしめんどくさいし、削除〜」って、なったのでこんな事思った次第です。


容量制限のために. というのが何も調べてないけど一部の人には削除の理由に当てはまらない気はしてる